エンジョイ フィッシング

アクセスカウンタ

zoom RSS 上五島クロ釣り(2016/12/18)

<<   作成日時 : 2017/01/09 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

釣友の羽瀬さんからのお誘いで上五島に釣行しました。
【往路】
当日は、0時30分に糸島のまるきんで待ち合わせをして本日の出港地である平戸 宮の浦に向け出発し、いつものように途中でコンビニに寄りながら3時過ぎには到着し、まずは荷物を船着き場に下して身支度を整えていると本日お世話になるマリンアスリートに灯りがともっていたので急ぎ船着きに行くと、久幸船長の指示のもと皆さんが荷物を船に積み込みの最中だったので私たちも加わり無事に積み終わり、予定通りの4時に宮の浦港を後にしました。
出港後、1時間程で上五島の磯に到着しましたがどの磯も満員御礼状態で上がれる場所を見つけながら白瀬灯台まで行ってるようですが空いている磯が見つからず、結局、私たちは一番最後に美良島のビジャゴ鼻奥の無名瀬に上がりして時間を確認すると7時になっており、すでに夜明けを迎えていました。
【実釣】
瀬上がり後、釣りの準備をしていたらすっかり夜が明けてしまっていたので昼用の仕掛け(竿1.5号、道糸・ハリス1.7号、グレ針6号、ウキは釣研フローズ 02)をロッドケースから取り出し釣りを開始してみると餌取りの活性は良いようで、すぐに餌がなくなるため撒餌と付け餌を外して釣っていると35p程のぽっちゃりと太った五島サイズの口太クロが釣れて来ました。一方、外向きの岩を乗り越えた所で竿を出している羽瀬さんは順調に釣れているようです。
【瀬替わり】
瀬上がり後3時間が過ぎ満潮近くになり潮が満ちてきて釣座が無くなって来たので見回りに来た船に乗り、倉島の帆上向きの足場が高い磯に瀬替わりしましたが、釣をするには足場が高すぎるため私はしばしの休憩タイムとし、羽瀬さんの釣りを見ていましたがここの磯は水深が足元よりドンブカで潮の動きも今一つのため釣果がのびそうにないため、再び見回りに来た船に乗り再度の瀬替わりで倉島のまんじゅう奥の磯に替わりしました。
ここも足場が悪く狭い磯ですが瀬は高くないのでなんとか2人で竿を出せそうなので、私は向かい風のまんじゅうとの水道側の釣座で釣りました。しかしここは潮が早く当て潮のため苦戦をしましたがなんとか40p弱を筆頭に5枚程追加したところで納竿としました。

今回は、一日中同じウキを使って実際のフィールドでの感覚を試しながらの釣りをしてみたのですが、釣果は今一つ伸びませんでしが五島列島のポテンシャでウキの感覚をある程度つかめる事ができました。

【夜明けを迎えた上五島の磯】
画像











【ぽっちゃりとした五島サイズのクロ】
画像











【良型クロをヒットした羽瀬さん】
画像





















【お世話になったマリンアスリート】
画像











【今回の釣果】
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上五島クロ釣り(2016/12/18) エンジョイ フィッシング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる